危機管理責任者の追加と削除

危機管理責任者の追加と削除

登録人数に制限はありません

危機管理責任者の追加と削除について、方法としては2種類あります。
①システム設定画面から追加
CSVファイルで一括追加   オススメ

本記事では、①システム設定から追加する方法を説明します。
CSVでの一括追加方法はこちらをご参照ください。

追加方法

システム設定内、危機管理責任者の設定をクリックする【1-1】

「+追加する」をクリックする【1-2】

危機管理責任者として登録されているユーザーは、この画面で表示されます。

追加したいユーザーを選択し、「追加する」をクリックする【1-3】

「追加する」をクリックすると、危機管理責任者の追加完了です。

複数名ユーザーを選択することも可能です

危機管理責任者に追加できないユーザーがいます

マネージャーもしくは、部門マネージャーとして登録されているユーザーは
権限が重複している為、危機管理責任者として追加できません。
詳細は管理者権限の種類をご確認ください。

削除方法

管理権限を削除してもユーザーのアカウントは削除されません

上記【1-2】の危機管理責任者の設定画面にて、
削除したい危機管理責任者の右横の「削除する」をクリックすると、削除完了です。

「すべて削除する」をクリックすると、
登録されている全ての危機管理責任者の権限が削除されます。
削除時にエラーが表示された場合にはこちらをご参照ください。

関連ページ

管理者権限の種類

Administratorアカウントについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です