複数の連絡状況を合算する

合算集計について

連絡状況は一斉送信毎に作成されますが、合算集計を行うことで、
1つの連絡状況として確認することが可能です。

利用例

大規模な災害時には、複数地域での特別警報発令や、震度5以上の地震が
複数回発生する可能性があります。
自動送信の設定に基づいて、同一設問フォームで自動送信される可能性が高いので、
そういった際に、1つの集計表で確認出来ます。

合算集計のイメージ

例:Administratorさんは、一斉送信①には回答したが、一斉送信②には回答していない。
佐藤涼介さん、前田太一さん、加藤紗矢さん、今井雄大さんは
一斉送信①に回答していないが、一斉送信②に回答した。

一斉送信①の連絡状況

一斉送信②の連絡状況

一斉送信①と一斉送信②の連絡状況を合算集計すると、下記の合算集計表が表示されます。

一斉送信①と一斉送信②の合算集計後

合算集計を行う条件

・同一の設問フォームを用いた一斉送信であること
・集計中の一斉送信であること

合算集計を行える管理者

危機管理責任者・部門危機管理責任者、マネージャー・部門マネージャーです。
※部門危機管理責任者はエンタープライズプラン限定の機能です

合算集計の方法

合算集計したい一斉送信を1つ選択する【1-1】

連絡状況内の、集計中の一斉送信の中から合算集計したい一斉送信をまず1つ選択します。

高度な操作をクリックする【1-2】

合算集計を行うをクリックする【1-3】

合算集計元の集計結果が下記だとします。

2.合算集計したい一斉送信を選択する

合算集計したい一斉送信をチェックする【2-1】

同一設問フォームを用いた集計中の一斉送信が表示されます。
一つだけではなく、複数の一斉送信を選択することができます
選択したら合算集計するをクリックすると、合算集計の集計結果が表示されます

「合算集計する」をクリック後、合算集計後の集計表が表示されます。

注意

合算集計結果をCSVに出力したり、連絡状況として保存することは出来ませんので、
他の管理者と共有されたい場合には、画面キャプチャ等で保存ください。

 

関連ページ

上書き回答について

余震が発生した際の対応について

回答結果をダウンロードする方法

回答の受付を終了する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です