ユーザーの一括削除

ユーザー情報の一括削除

本記事では、CSVファイルを使ったユーザーの一括削除方法を説明します。
システム設定から個別に削除する方法もあります。

ユーザー情報は追加登録形式です

追加登録形式なので、削除したいデータだけを読み込むことも可能です。
既存データを含めてCSVを読み込んだ場合でも、重複して登録されることはありません。

1.CSVファイルへの書き出し

システム設定内、CSVファイルへの書き出しをクリックする【1-1】

ユーザー情報をクリックする【1-2】

出力形式を設定し、「書き出す」をクリックする【1-3】

出力対象部署
どこの部署のCSVファイルを出力するか選択します。
エンタープライズプラン以外は、部署を選択できません。

先頭行に項目名を書き出す
チェックボックスにチェックを入れる
CSVファイルの先頭行に項目名(現ログイン名・名前…等)が表示されるので、
どの列に何の情報を入力するのか、分かりやすくなります。

文字コード
文字をコンピュータで扱うために個々の文字や記号に割り当てられた、固有の番号のことです。
お使いのパソコンのOSに合わせて選択してください。
※適した文字コードを選択せずに読み込むと、文字化けが発生する可能性があります。

2.CSVファイルを編集する

【1-3】で書き出したCSVファイルを開きます。
ファイル展開時に文字化けした場合にはこちらをご参照ください。
削除したいユーザーのE列の削除フラグ欄に数字の「1」を入力します。

3.CSVファイルを読み込む

システム設定内、CSVファイルへの読み込みをクリック【3-1】

ユーザー情報をクリック【3-2】

ユーザー情報のCSVファイルを読み込む為、ユーザー情報をクリックする。

CSVファイルを選択し、中身を確認する【3-3】

CSVファイルを選択し、読み込み対象部署と文字コードを設定する。
※エンタープライズプラン以外は、読み込み対象部署は最上位部署の選択です。
※エンタープライズプランは、第一階層の部署単位で対象部署を選択できます

サイボウズ社のGaroon(パッケージ版)から書き出したCSVファイルで登録した場合には、
「ガルーンのCSVフォーマットを利用する」にチェックを入れてください。
Garoonをご利用ではない場合にはチェック不要です。

ファイルの中身を確認し、読み込む【3-4】

CSVファイルの先頭の行に「現ログイン名」「名前」といった項目名が表示されている場合、
「先頭行を項目名として無視する」にチェックを必ず入れて読み込みます。

4.読み込み結果を確認する

操作しているご自身のアカウントに登録されているメールアドレス宛に
読み込み結果が通知されます。システム設定の読み込みを行った読み込み画面からも結果を確認できます。

システム設定画面での確認

「読み込む」をクリック後、下記の画面に遷移します。

注意

上記画面では、読み込み結果が表示されません。画面内の「ユーザー情報」をクリックします。

読み込み結果はこの画面に表示されます

メールでの確認

メールでの通知画面

読み込みが失敗となった場合にはこちらをご参照ください。

「●行目:削除する権限のないユーザーです。」というエラーが表示されました

存在しない現ログイン名のユーザーを削除しようとしている可能性があります。
ログイン名が正しく指定されているか確認してください。
ex)全角/半角違いや先頭の0が落ちている可能性

 

関連ページ

CSVの基本操作

エクセルで先頭に「0」を入力すると消えてしまう場合

【用語】ログイン名

【用語】パスワード

【用語】文字コード

ユーザー情報の並び順

ユーザー情報のメールアドレス

プライベートメールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です