自動一斉送信の設定を検証する

自動一斉送信の設定を検証する

自動送信の地域と設定震度(もしくは波高)を指定することで、
地震/津波/特別警報それぞれの自動送信の設定内容を確認できます。
検証機能を使っても、実際に送信は行われません。

検証方法

地震発生時の検証方法を例にします。

運用設定内、地震発生時の設定をクリックする【1-1】

「地震発生時の設定を検証する」をクリックする【1-2】

想定する地域と震度を選ぶ【1-3】

右上の検索窓に地域を入力し、検索するとスムーズです。
地域と震度を設定後、 「選択した条件で送信される設定を確認する」をクリックする。

該当する地震発生時の設定を確認する【1-3】

東京都で震度5弱の地震が発生した場合には、下記の設定内容で
送信人数連絡状況の閲覧者数を確認できます。

検証方法の確認は以上です。
津波・特別警報の検証方法についても、上記手順で確認可能です。

関連ページ

自動送信の地域区分について

【重要】自動一斉送信の設定

地震発生時の設定

津波発生時の設定

特別警報発生時の設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です