管理者と部門管理者の違い

管理者と部門管理者の違い

管理者の権限範囲は、所属部署の影響を受けません

役割に「部門」のつかない管理者

システム管理者・危機管理責任者・マネージャーについてです。
所属する部署に関係なく、全てのユーザーに対しての権限を有します。

役割に「部門」のつく管理者

部門マネージャー・部門システム管理者・部門危機管理責任者についてです。
※部門システム管理者・部門危機管理責任者はエンタープライズプラン限定で第一階層に設定できる管理者です
役割(権限)の設定画面で選択した部署以下に所属するユーザーに対して権限を有します。

大木さんに、営業1課の部門マネージャーの権限を与える設定画面

✅ポイント①

部門マネージャーはどこの階層の部署にも設定できます。

✅ポイント②

「部門」のつく管理者が部署異動等で所属部署が変わった際には、
別途、役割の設定画面にて、権限の範囲を変更する必要があります。

 

関連ページ

管理者権限の種類

部門マネージャーの追加と削除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です