絞り込んだユーザーに再度メールを送る

連絡状況画面から宛先を絞り込んで再度メールを送る

連絡状況画面から宛先を絞り込んで再度同じメールを送信する方法です。

この操作を行えるユーザー

危機管理責任者、部門危機管理責任者のみです。
マネージャー、部門マネージャーは[再度メールを送る]ボタンの表示はされません。

利用例

未回答者に対し、自動再送信の設定とは別に回答を促したい場合、等
※一斉送信の自動再送信の設定はプレミアプラン以上から設定できます

メールの再送方法

集計結果から宛先を選択する【①】

連絡状況画面内の集計結果の項目ごとの数字から、宛先の対象にしたい数字をクリックする。
今回は、未回答のユーザーを宛先としてメールを再送信する想定で説明します。

宛先を選択する【②】

名前の左横にあるチェックボックスにチェックを入れることで、ユーザーを指定します。
※②の最上部のチェックボックス(名前という項目名の左隣)にチェックを入れると一括選択できます。

[再度メールを送る]をクリックする【③】

クリックすると、メールの送信前の最終確認画面へ遷移します。
問題なければ、最下部の「送信する」をクリックします。
再送された標題には【再送:要回答】が冒頭に挿入されます。

注意

ここで再送した一斉送信については、連絡状況として集計表は作成されません。
宛先として選択したユーザーの最新情報画面には再送の一斉送信の情報は表示されません。
受け取った通知先から回答を行います。

 

関連ページ

絞り込んだユーザーに新しいメールを送る

絞り込んだユーザーにメッセージを送る

メッセージについて

一斉送信とメッセージの違いとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です