メッセージ作成許可の設定

メッセージ作成許可の設定とは

メッセージを作成できるユーザーを設定出来ます。
初期設定では運用管理者(危機管理責任者・部門危機管理責任者・マネージャー・部門マネージャー)
が作成権限をもちます。宛先としては、全ユーザーを選択出来ます。
※部門危機管理責任者はエンタープライズプラン限定の機能です

設定方法

システム設定からメッセージ作成許可の設定に入る【1-1】

メッセージの作成許可を設定する【1-2】

<運用管理者以外のユーザーが新しいメッセージを作成>

許可しない
初期設定では、「許可しない」に設定されています。
この設定では、運用管理者(危機管理責任者・部門危機管理責任者・マネージャー・部門マネージャー)
のみメッセージを作成できます。

許可する
●すべてのユーザー

作成許可の制限はなく、すべてのユーザーがメッセージを作成できます。
宛先としては全ユーザーを選択出来ます。

●自身が所属している部署以下のユーザーに限定する
すべてのユーザーがメッセージを作成できます。
宛先は自身が所属する部署と配下の部署に限定されます。

関連ページ

メッセージ作成許可の設定方法

システム設定パスワードについて

メッセージの作成方法

管理者の違いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です