連絡状況の閲覧者の設定

連絡状況の閲覧者の設定とは

誰を連絡状況の閲覧者に指定するか、という設定です。
閲覧者に設定された管理者には、一斉送信の連絡状況の集計表にアクセスできるURLが通知されます。
設問フォームが「なし」の場合、集計表が作成されない為、連絡状況の閲覧者の設定は不要です。

全ての危機管理責任者とマネージャーを設定する

危機管理責任者・マネージャーはもちろん、部門危機管理責任者・部門マネージャーも含んだ
全ての運用管理者に連絡状況へアクセスできるURLが通知されます。

任意に指定したメンバーに限定する

危機管理責任者・マネージャーはもちろん、部門危機管理責任者・部門マネージャーも含め、
任意で選択した運用管理者に連絡状況へアクセスできるURLが通知されます。

✅ポイント

連絡状況の閲覧者として設定された部門の管理者(部門危機管理責任者/部門マネージャー)
安否の状況が確認できるユーザーがいた場合のみ、管理者に閲覧者向けの通知が行われます。
例)大阪で地震が発生した場合は、全体の管理者である危機管理責任者とマネージャーに加え、
大阪支社の社員を閲覧できる大阪支社の部門マネージャーにのみ、閲覧者向けの通知が届く

閲覧者に設定されていない場合、連絡状況を閲覧することは出来ません
例外的に危機管理責任者だけは閲覧者に設定されていなくとも、連絡状況を閲覧できます

 

関連リンク

連絡状況の見かたと基本操作

連絡状況が確認出来ない場合

災害発生地域の管理者にだけ閲覧者向けの通知をしたい

管理者権限の種類

自動一斉送信の設定について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です